後部座席に人がいるドッキリが怖すぎる

車の後部座席に人がいるって相当怖いですよね。
水曜日のダウンタウンでこのドッキリを検証していたのですが、みんなパニックになっていました。
しかも後ろに隠れている役者さんが一切笑わない人で、それもまた恐怖を引き立てていました。

誰も乗っていないと思っていたのに後ろに人が乗っていたら、襲われるとか殺されるとか思ってしまうでしょう。
心臓が弱かったら最悪死んでしまうこともあるほど強烈なドッキリです。

テレビだから笑えるけれど、リアルでこんなドッキリをやったらケガ人が出そうですよね。
ドッキリ番組は見るのは楽しいけれど、自分が巻き込まれるのは絶対にいやです。

[PR]

# by mutekisansirou | 2017-04-26 10:02

鳥好きが集まるイベントに興味津々

何気なく新聞を見ていたら、鳥好きが集まるイベントに関する記事が掲載されていました。
そのイベントではなんと、参加者が鳥の格好をしているのです。
しかもリアルな被り物をしたりしていてびっくり。相当な鳥オタクたちが集まっていますね。

実は私も鳥オタクなので、ぜひこのイベントに参加してみたいと思いました。
被り物をするならセキセイインコがいいですね。
あとはタカが好きなのでタカの被り物もしてみたいです。

鳥といえば、先日オウム病にかかり妊婦さんが亡くなったというニュースを見ました。
鳥は可愛いけれど糞にウイルスが含まれていることもあるので、妊婦さんは要注意です。

[PR]

# by mutekisansirou | 2017-04-21 09:07

日本の給食システムが海外から絶賛されている

日本の給食は海外からも絶賛されるほど素晴らしいそうです。
栄養バランスはもちろんですが、自分たちで配膳をして自分たちで片付けるというシステムが海外の人にとっては珍しいようですね。

海外では基本的に配膳するスタッフを雇い、そのスタッフたちが後片付けまでやってくれます。
スタッフがいた方が子どもにとっては自由時間が増えるためありがたいのでしょうけれど、なんでも誰かがやってくれるシステムだと成長しません。

正直自分で準備するのは面倒だったけれど、今となって思えばあのような教育があったからこそ日本人が時間やルールをしっかり守る国民性になったのでしょうね。
それにしても、給食の配膳は男女関係なく行っているのに、家庭では料理担当は女性というイメージがいまだに消えないのはナゼなんでしょう。

[PR]

# by mutekisansirou | 2017-04-18 08:53

女性が仕事をして男性が主夫をする家庭

テレビで女性漫画家の元に嫁いた専業主夫に密着していました。
かなり有名な漫画家さんらしく、奥さんは毎日多忙。
そんな忙しい奥さんを支えながら、子どものためのお弁当を作ったりしているようです。

ただ、ご主人はすんなり主夫になったわけではないようで。
同窓会に参加した時、主夫をしていると話したら男性陣にヒモと笑われひどく腹が立ったようです。
でもそう言われたことがきっかけで、主夫を極めようと家事を頑張るようになったそうですよ。

私は専業主夫ってとても素敵だと思います。
今は男だから女だからと縛られるような時代でもありませんしね。
いろんな家庭があって良いと思うんです。

[PR]

# by mutekisansirou | 2017-04-10 22:39

若者たちがテレビよりネットを選ぶ理由がよくわかる

衝撃映像を流す番組が好きなのですが、どの番組も絶対に同じ衝撃映像を流します。
そういうことがあると、「これ数日前に見たばっかり」と興醒めしてしまいます。

なぜ違う局なのに映像が何度もかぶるのでしょうか。
もしかして経費削減のために使用料の安い動画ばかりを集めているのかもしれませんね。
だから同じ映像ばかりになってしまうのでしょう。

テレビよりもネットの方が幅広い衝撃映像が見れるし、やっぱりテレビよりもネットになってしまいます。
若者のテレビ離れが深刻…などと言われていますが、その理由はテレビのオリジナリティの無さにも原因があると思います。

[PR]

# by mutekisansirou | 2017-04-02 19:51